疲れが取れない原因を徹底解明!食事を変えてカラダの中から解決

魚を食べて健康に

サプリメント

調理方法に工夫を

DHAは、ドコサヘキサエン酸の略称で、イワシやサバなどの青魚に多く含まれている不飽和脂肪酸のひとつです。不飽和脂肪酸とは脂肪の一種で、常温でも固まりにくいという性質があります。このため、体内の血液を流れやすくし、中性脂肪やコレステロール値を安定化させる効果があります。DHAは、さらに多価不飽和脂肪酸と呼ばれる脂質に分類され、これは体内で合成することはできないのです。よって、食事などで積極的に摂取する必要があります。このとき注意しなければならないのは、調理方法です。DHAは、脂に多く含まれているため、煮魚やフライなどにすると脂がほとんど失われてしまうのです。一番効率よく摂取できる方法は、刺身やカルパッチョなどにして生で食すことです。また、魚の獲れる時期も大切です。戻りがつおや秋のサンマの方が、脂がよく乗っているためにDHAが豊富なのです。よって、旬な食材を食べると、効率よく摂取することができます。

頭を良くする効果も

DHAを摂取することで、様々な効果が期待できます。血液がサラサラになると、血管内で血栓が発生することを抑制し、心筋梗塞や脳梗塞を防止することができます。また、頭が良くなるとも言われています。脳は、無数の神経細胞で構成されており、この神経細胞の中にDHAは存在しています。DHAを摂取することで、神経細胞の動きが活発になり、神経伝達物質への情報伝達がスムーズになるのです。また、中年になると脳の細胞は徐々に死滅していきます。残った神経細胞を健康に保つには、DHAが不可欠なのです。これは、アルツハイマー型認知症や記憶障害の防止につながり、老後を健康的に過ごすことができるのです。他にも、花粉症やアトピー性皮膚炎、視力低下などにも効果的だという研究結果が報告されています。また、鬱病や暴力性や不眠症など、精神の不安定さを改善させる効果もあるようです。